Q&A本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  サービス関連の求人  >  東京海上アシスタンス株式会社  >  東京海上アシスタンス株式会社のQ&A

【Q&A】東京海上アシスタンス株式会社の障害者求人・採用情報

業種:サービス

  • 新卒・中途
  • 正社員
  • その他

Q&A

Q&A Q&A

質問:障がいをお持ちの社員の方はどのような仕事をされていますか?
回答:

上肢、下肢、聴覚、内部などに障がいをお持ちの方が働いています。

管理部門(人事総務、経営企画など)での事務業務のほか、
オペレーターとしてお客様や協力会社(レッカー・レンタカー会社)への対応など、
様々なフィールドでご活躍頂いています。

質問:配属先はどのように決定されるのでしょうか?
回答:

選考を通じ、ご本人のスキルやご希望、障がいの内容、配慮事項などをお聞かせいただいた上で、
さまざまな角度から検討し決定させていただきます。

質問:入社後に、業務や障がいの状況・サポート等についての相談が常時出来る環境ですか?
回答:

入社後は、直属の上司および障がい者職業生活相談員との定期的な面談の機会を設けています。

またそれ以外でも、障がいを持った社員が安心して働けることを目的とした専用の相談窓口もあり、
困ったことがあればいつでもご相談頂けます。

質問:必要な資格はありますか?
回答:

応募に際し、必須な資格はありません。

質問:入社後のスキルアップをフォローしてもらえる制度はありますか?
回答:

福利厚生の一環で、業務に関連する資格の取得や講座の受講費用の一部を補助する「資格取得補助制度」、「通信教育補助金制度」を設けています。

また、業務知識の学習ができるe-ラーニングコンテンツなどもご用意しており、
スキルアップしたいという方も業務の合間で勉強することができる環境が整っています。

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す

サービス
サービス業とは“形のない財”を提供するビジネス。その商材は、外食業のように飲食物というモノに付随して提供されるサービスもあれば、ホテルのように施設の利用に伴うサービス、高齢者サービスでは人の行為そのものであるし、コンサルは情報や専門知識と多種多様。共通するのは、対価を支払う価値を創造しているという点だ。
人の行為が商材のサービス業は、労働力依存度が高く労働集約型と言われてきた。しかし、近年はITによる省力化が進みもはや労働集約型とは言えない業態も出現し、サービス業全体が大きな変化の中にある。


東京海上アシスタンス株式会社のQ&A情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
東京海上アシスタンス株式会社をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ