ココが魅力!本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  出版・マスコミ関連・広告関連の求人  >  株式会社日本経済新聞社  >  株式会社日本経済新聞社のココが魅力!

【ココが魅力!】株式会社日本経済新聞社の障害者求人・採用情報

業種:出版・マスコミ関連・広告

  • 新卒・中途
  • 正社員

ココが魅力!

イメージ画像:事業・戦略
事業・戦略
記者だけでなく事務職、デジタル分野までさまざまな仕事があります
「日本経済新聞」や「日本経済新聞電子版」をメインに、経済を中心として中正公平な報道姿勢を貫いてきた新聞社です。「日本経済新聞」は2016年に創刊140周年を迎えました。英国の有力経済紙であるフィナンシャル・タイムズ(FT)を発行するフィナンシャル・タイムズ・グループが日経グループ入りし、世界最大の経済紙へと飛躍していきます。
日経には記者だけでなく営業・企画、総務・経理などの事務職、アプリ開発などのデジタル分野といったさまざまな仕事があり、多彩な人材が働いています。
イメージ画像:従業員
従業員
「日経ってカタそう…」――そんなことはありません
「日経の社員は経済の専門家でカタい人ばかりなのでは」――そんなことはまったくあり
ません。日経を支えているのは多様な人材。偏りがなく、信頼される情報を発信するた
めには、様々な考え方や視点が必要だからです。入社時に経済の専門知識をもってい
る必要はありません。新入社員に占める経済学部出身比率は20%程度。大半の人は
経済以外のバックグラウンドをもって入社してきます。必要な知識は入社後に十分身に
つけることができます。
イメージ画像:事業・戦略
事業・戦略
創刊140年、挑戦の歴史を重ねてきました
 日経の歴史は挑戦の歴史。1972年に世界初のコンピューターによる一貫新聞製シ
ステム「ANNECS」を開発。84年にはデータベースサービス「日経テレコン」の提供を開
始。2010年には日経電子版を創刊、瞬く間に世界有数のウェブメディアに成長しました。2015年にはフィナンシャル・タイムズ・グループを買収。そして、2016年には金融工学研究所と共同で、人工知能(AI)を使った自動応答エンジン「日経DeepOcean」を開発しました。
 私たちは挑戦の歩みを止めることはありません。
この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す

出版・マスコミ関連・広告
マスコミとは新聞、放送、出版、広告など、情報素材に制作・加工・編集を施し、付加価値を付けて情報を流通させるビジネス。新聞は全国紙5社、ブロック紙5社等、新聞協会加盟社97社(※1)。収益源は新聞広告だ。放送業はテレビ、ラジオ、衛星放送の3種類。大手5社の他、民放連加盟社206社。CM、有料テレビの視聴料が収益源。広告業はマスコミ4媒体(※2)、インターネット、交通、折込等多彩なメディアで企業情報を伝達する。
ITの進化は情報の量と質の圧倒的な変化をもたらし、マスメディアの影響力は大きく低下した。今後もIoTやAIの進展で情報をめぐる環境は大きく変化する。業界では情報の信頼性や制作力、伝達力等、マスコミ価値の源泉への再評価と強化が始まっている。

(※1)新聞協会に加盟していない新聞社もある。
(※2)マスコミ4媒体:新聞、テレビ、雑誌、出版の4種を指す


株式会社日本経済新聞社のココが魅力!情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
株式会社日本経済新聞社をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ