インターンシップ情報!本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  メーカー関連の求人  >  株式会社アイシン  >  株式会社アイシンのインターンシップ

【インターンシップ】株式会社アイシンの障がい者求人・採用情報

業種:メーカー

  • 新卒・中途
  • 正社員

08月05日更新 

インターンシップ・キャリア支援イベント情報

AISINオンラインイベント開催 1DAYプログラム(事務系・技術系) 【プレエントリー受付中】

◆開催日程
 2022年9月8日(木)13時30分〜15時40分頃(個別相談会14時〜)
※終了時間は変更となる場合がございます。
※7/13開催と同じプログラムです。

◆1DAYプログラム(オンライン開催)
 ・会社説明
 ・キャリアプランを考える
 ・個別相談会

◆おすすめポイント
 業界研究や企業研究をしたい人におすすめ!
  ・自動車業界やアイシンについて、理解を深めていただく事ができ…
続きを読む

開催時期 9月開催
2022年9月8日(木)13:30-15:40【応募締切:9月2日(金)】
※終了時間は変更となる場合がございます。
実施場所 オンライン参加
インターネット環境の整ったご自宅などからご参加ください。
形式 その他
AISIN1DAYイベン10月7日開催(事務系・技術系)(会場:アイシン本社(愛知県刈谷市) 【プレエントリー受付中】

◆開催日程
 2022年10月7日(金)13時00分〜16時30分頃 
 ※終了時間は変更となる場合がございます。
 ※8月4日開催と同じ内容のイベントとなります。

◆1DAYイベント(事務系・技術系)
 ・業界研究と企業理解ワーク
 ・先輩社員との座談会
 ・個別相談会
 ・展示館の見学 など

◇ワークライフバランスを支援する制度や障がいへの配慮事例などをご紹介いたします。
◇ワークを通して…
続きを読む

開催時期 10月開催
2022年10月7日(金)13:00-16:30頃【応募締切:9月29日(木)】
※終了時間は変更となる場合がございます。
※8月4日開催と同じ内容のイベントとなります。

実施場所 アイシン本社(愛知県刈谷市)共同館
形式 その他
この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする

よくある質問

・クローバーナビとはどんなサイトですか?

障がい者のための「就職情報サイト」です。 障がい者採用に特に積極的な企業の求人情報を掲載しています。また、ご登録いただければ、障がい者のための合同就職面談会のお知らせや、就職情報誌「クローバー」の無料定期購読申込み、最新求人情報のお知らせや、気になる企業の応募管理など、多くのメリットがございます。登録・利用ともに無料です!

・障害者手帳をもっていないのですが利用可能ですか?

当サイトのご利用は、障害者手帳を「もっている方」・「申請中の方」・「申請予定のある方」に限らせて頂いております。 上記に当てはまる方であれば、どなたでもご利用可能です。

・発達障がい対象の求人はありますか?

障がい別に求人が出ている訳ではありませんので、障がい種別に関わらずすべての求人に応募が可能です。

・クローバーナビを利用するのに料金はかかりますか?

登録・利用にあたり料金は一切かかりません。無料でご利用いただけます。

・会員登録はどのようにすれば良いですか?

クローバーナビTOPページの「新規会員登録」というボタンをクリックのうえ、必要事項をご入力ください。

・エントリーとは何ですか?

「エントリー=応募」となります。 情報収集の上、この企業に入社したい!この求人が自分に合っている!と感じたら、即エントリーをしましょう。皆さんのご登録内容を確認の上、追って企業より連絡があり、その後選考へと進んでいきます。本格的な就職活動の始まりですね。 (※企業によって連絡手段や選考内容は異なりますので、予めご了承ください)

気になる質問がなかった方はこちら


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す
障害者求人を詳しく探す

メーカー
製造業は「原材料を加工して製品を作り卸売する事業」と定義される。定義によれば、農林水産業や建設業、エネルギー業は製造業ではなく、自社で生産して消費者に販売する“製造小売”も製造業ではない。袋詰めカット野菜の製造は製造業でも半割大根の販売は卸売業である。製造業のビジネスの基本はBtoB。それゆえに製造業の企業には認知度が低い場合も多々ある。だが、世界でトップシェアを勝ち取る企業が多いのも日本の製造業の特徴だ。
現在、世界のモノづくりは“Industry4.0”の転換期にある。IoTやAIがもたらす産業構造の大転換が進行しつつある中、日本の製造業が生き残り、世界で確たる地位を保持できるかどうか、業界はその正念場にある。

このページのトップへ