障害者の求人・雇用・採用のクローバーナビTOP > 先輩が語る仕事と本音VOICE > 先輩VOICE(鵜飼 亮佑さん)

現在就活中の学生のみなさんへのメッセージ 先輩VOICE

鵜飼 亮佑さん

面接対策で自己PRをしっかり練習して、志望企業に入社できました。

鵜飼 亮佑さん

アイシン精機株式会社
総務部
2018年入社
障がい内容:聴覚障がい(感音性難聴)

学生時代は大学の手話サークルに通い、学友と交流を深めながら、手話の勉強をしていました。それまでは手話を学ぶ機会がなく、新たにチャレンジしていく中で身に付けるのに苦労しましたが、今では夢の中でも手話をしているシーンが出てくるほど上達しました。

就職活動について、また貴社に就職を決めた理由について教えてください。

障がい者採用で就職活動を進め、合同企業説明会に参加して、当社と出会いました。アイシン精機が掲げている経営理念の「個人の創造性・自発性を尊重し、活力にあふれ、常に進歩をめざす企業風土をつくる」という言葉に惹かれ、人材育成・啓発に力を入れているこの会社ならば、成長し活躍できる場があると思い入社を決めました。

ページの先頭へ

現在のお仕事はいかがですか?

総務部で従業員用駐車場・社有車の運用・管理業務に携わっています。関係会社や関係部署と定期ミーティング、情報共有などを行い、信頼関係が少しずつより強固になっていくことにやりがいを感じます。障がいへのサポートは、まわりの方々が筆談やわかりやすく話してくれるので、働きやすい環境で充実した日々を過ごしています。

ページの先頭へ

自己分析や企業研究はどのような方法で行いましたか?

企業研究では各社のアピールポイントが一般採用と障がい者採用で異なる場合があるので、就職情報サイトやパンフレットを活用し、両方チェックしていました。自己分析や面接対策では、自己PRがしっかりと伝わるようになるまで何度もゼミの先生や同級生に見てもらいました。練習した甲斐もあり、志望していた当社に入社できました。

ページの先頭へ

学生の皆さんへのメッセージ

自分のできること・できないことを整理して面接に臨んでください。

障がいを踏まえて、自分のできることが会社に入ってどのように作用するかをイメージし、できないことはどういったサポートや工夫があればできるようになるのかを考えておくと、面接でスムーズに回答することができます。自分の強みを積極的に出していきましょう!

Close UP Company

アイシン精機株式会社
設立 1965年8月31日
資本金 450億円
代表取締役 取締役社長 伊勢 清貴
売上高 連結 3兆7,845億円(2020年3月期)
従業員数 連結 119,535名/単独 14,986名(2020年3月31日)

ページの先頭へ