障害者の求人・雇用・採用のクローバーナビTOP > 先輩が語る仕事と本音VOICE > 先輩VOICE(松野下 晴香さん)

現在就活中の学生のみなさんへのメッセージ 先輩VOICE

松野下 晴香さん

希望していた仕事ができ、さらに面白さが広がっています。

松野下 晴香さん

トランスコスモス株式会社
管理本部 ノーマライゼーション推進統括部 クリエイティブサービス部
クリエイティブサービス1課
2015年入社
障がい内容:下肢障がい

学生時代の趣味は映画鑑賞と旅行。今も休日は家で映画やアニメを観て過ごし、出かける時はまず映画館、というほどの映画好き。外出は無理せず自分のペースで歩きながら、いい風景に出合うと「ここ撮影に使えそう!」とついついロケハン目線になってしまう。

就職活動はどのように進めましたか。志望の理由は何ですか?

映画やアニメやドラマが大好きで、専門学校では映像制作を学びました。就職先も映像系で探しましたが、問題は体力勝負の現場の厳しさです。そんな時に障がい者採用イベントで、トランスコスモスの求人職種欄に「映像制作」と記載があるのを見つけました。この会社ならやりたい仕事ができ、サポート環境も整っているのではと思い、志望しました。

ページの先頭へ

現在の仕事内容を教えてください。働く環境については、どのように感じていますか?

動画やバナーや記事など、幅広いコンテンツをお客様に企画提案する部署に在籍し、ディレクター・制作進行・編集といった立場で各案件に参加しています。職場には私のほかにも障がいをもった方が多数おり、部署全体に個々の状況を理解し共有しようというオープンな空気があります。通院や体調についても気後れせず周囲に話せる環境が心強いです。

ページの先頭へ

今後の目標や夢について聞かせてください。

社内では多くの部署と関わり、お客様とも直接やりとりできるようになって、仕事の面白さが広がってきました。今後はお客様に対しメインで案件を担当できる力をつけていくことが目標です。また、課内に後輩が増えてきたので、日頃のコミュニケーションを通じ、それぞれが仕事をしやすい環境を作っていけたらいいなと思っています。

ページの先頭へ

学生の皆さんへのメッセージ

「興味がある」「挑戦してみたい」という気持ちを伝えることが大切。

最初の面接の時から「映像制作がしたい」とアピールし続けた結果、その熱意が認められ、希望の部署に配属されました。自分の気持ちを口に出してしっかり周りに伝えていけば、自然と自信がつきますし、やりたいことを仕事にできるのはとても楽しいですよ!

Close UP Company

トランスコスモス株式会社
設立 1985年6月
資本金 290億6596万円(2017年3月現在)
代表取締役 代表取締役社長兼COO 奥田 昌孝
売上高 2846億9600万円(2019年3月現在 連結)
従業員数 1,878名(2019年3月末現在)

ページの先頭へ