先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  IT/情報通信関連の求人流通関連の求人出版・マスコミ関連・広告関連の求人サービス関連の求人  >  TBSグループ  >  TBSグループの先輩情報

グループ募集

【那須 元紀さん:先輩社員からのメッセージ】TBSグループの障害者求人・採用情報

業種:流通・出版・マスコミ関連・広告・サービス・その他・IT/情報通信

  • 新卒・中途
  • 正社員
  • 契約社員
  • 嘱託社員
  • アルバイト・パート
  • その他

先輩社員からのメッセージ

写真:那須 元紀

那須 元紀 さん

TBSスパークル コーポレート本部人事部
聴覚障がい

2020年入社。
幼少期に見たチャップリンの映画がきっかけで映像の魅力に引き込まれ、大学では映像表現について学ぶ。
現在は定年退職式チーフ、『手話スタ!』映像制作、情報番組お天気コーナー手話アドバイザーなどの業務を担当。
「人類が想像できることは必ず人類が実現できる」という言葉を胸に刻んで毎日業務に励んでおります。

入社したきっかけ
元々映像業界を志して就活していましたが、うまくいきませんでした。諦めていたところ大学からTBSスパークルを紹介されたのが出会いのきっかけです。映像業界で働ける最後のチャンスだと思い、選考に臨みました。
選考を重ねていくなかで人事部の方や役員の方とお話する機会が増え「多様性を大切にしたい」「常にチャレンジ精神を持っている」など、HPからは見えないものがたくさん見えてきて、より魅力を感じました。
縁あって内定を頂き、これまでの選考で感じたこともあり、この会社なら障がいに関係なく様々なことに挑戦できそうだなと思い、入社を決めました。
コミュニケーションはどうしているか

写真:コミュニケーションはどうしているか

主に筆談、チャット、ロジャーペンを用いた音声認識文字化アプリの3つです。
他にも私が入社する前に社内で外部講師を招いて手話教室を開き積極的に手話を覚えてもらい、毎日「おはようございます」「お疲れ様でした」など簡単な挨拶は手話でやり取りをしています。
お互いがスムーズに意思疎通出来るよう、常に環境改善を心がけています。
コロナ禍で在宅勤務の機会も増え、会議や打ち合わせではよりチャットやビデオチャットなど利用する頻度が高くなりました。
そのため私が在宅勤務をしている時でも、主にチャットでスムーズにやり取りすることができています。打ち合わせでも 参加者がチャット上でテイクしてくださって いるおかげで内容をしっかり把握できています。
会社の良いところ

写真:会社の良いところ

この会社では些細なことでもすぐに相談できる雰囲気があり、とても過ごしやすい環境になっています。
例えば社内の廊下には曲がり角があります。
ドアもあって見通しが悪く、いつも急に人が現れてぶつからないかドキドキしながら曲がっていました。
どうしたらいいだろうと考えていたところ、たまたま面談で上司が「困っていることはないか、小さなことでもいいから言ってみて」と声をかけてくださり、すぐに曲がり角について相談。「カーブミラーを設けてもらえないか」と提案しました。
ちょうど入社した時に1on1という制度も始まっていて、そのおかげで上司との距離が近くなったこともあり すぐに相談、提案まで持っていくことができました。
その数か月後にはカーブミラーを実際に設けてくださいました。
就職活動中の皆様へ
人生は1度きりなので、自分の軸をしっかりと持って就職活動を諦めずに頑張ってください!
自分も心がくじけそうになったときもありました。ですが、今思えば諦めずに自分のやりたいことを実現できてよかったなと思います。

TBSスパークルは約1300名が働く最大級の制作会社です。
スポーツ、エンタテインメント、ニュースなど様々なコンテンツを取り扱い、総合メディアとして多様性に挑戦、さらなる飛躍を目指しています。
コンテンツ力の充実を図るためにも多様性を大切にしていると働いていて感じます。
そのなかで「閃」とある通りに、私自身も障がいを持っていますが一人の人間として多様性のあるコンテンツ作りに貢献していきたいと考えています。

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

TBSグループのクローバー就職フォーラム情報

このグループをブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す

IT/情報通信
情報通信業界は、情報の伝送を担う通信業、情報の利用を可能にする情報処理業、情報の流通を行うインターネットサービス業に分類。通信業は通信基盤を整備して固定通信、移動体通信、ケーブルテレビなどの通信サービスを行う。情報処理業はソフトウエアの開発や情報システムの構築、データ解析等、情報の入手から加工、活用のシステムを作り出す。インターネットサービス業は、情報の双方向性や多様なデバイスなどのインターネット通信の特徴を活かし、音楽、動画から生活、ビジネス情報まで様々なデジタルコンテンツを提供している。

流通
流通業界は今大きな節目を迎えている。ネット通販勢による郊外店の閉鎖、インバウンド(訪日外国人観光客)の取り込みに注力する家電業界。同様に百貨店でも、インバウンド効果によって都心が活況を呈し、郊外は苦戦が続くという2極化状態が出現している。スーパー、コンビニもでも同様に2極化が鮮明。首都圏中心の食品スーパーは好調。一方、衣料・生活雑貨・食品を扱う総合スーパーは不振。コンビニ業界も優勝劣敗が鮮明になっている。流通各業界とも提携や再編が活発化、次の主力になろうと成長の機会を模索している。

出版・マスコミ関連・広告
マスコミとは新聞、放送、出版、広告など、情報素材に制作・加工・編集を施し、付加価値を付けて情報を流通させるビジネス。新聞は全国紙5社、ブロック紙5社等、新聞協会加盟社97社(※1)。収益源は新聞広告だ。放送業はテレビ、ラジオ、衛星放送の3種類。大手5社の他、民放連加盟社206社。CM、有料テレビの視聴料が収益源。広告業はマスコミ4媒体(※2)、インターネット、交通、折込等多彩なメディアで企業情報を伝達する。
ITの進化は情報の量と質の圧倒的な変化をもたらし、マスメディアの影響力は大きく低下した。今後もIoTやAIの進展で情報をめぐる環境は大きく変化する。業界では情報の信頼性や制作力、伝達力等、マスコミ価値の源泉への再評価と強化が始まっている。

(※1)新聞協会に加盟していない新聞社もある。
(※2)マスコミ4媒体:新聞、テレビ、雑誌、出版の4種を指す

サービス
サービス業とは“形のない財”を提供するビジネス。その商材は、外食業のように飲食物というモノに付随して提供されるサービスもあれば、ホテルのように施設の利用に伴うサービス、高齢者サービスでは人の行為そのものであるし、コンサルは情報や専門知識と多種多様。共通するのは、対価を支払う価値を創造しているという点だ。
人の行為が商材のサービス業は、労働力依存度が高く労働集約型と言われてきた。しかし、近年はITによる省力化が進みもはや労働集約型とは言えない業態も出現し、サービス業全体が大きな変化の中にある。


TBSグループの先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
TBSグループをはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ