先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  IT/情報通信関連の求人サービス関連の求人  >  株式会社ベルシステム24  >  株式会社ベルシステム24の先輩情報

【澤田 愛里沙さん:先輩社員からのメッセージ】株式会社ベルシステム24の障害者求人・採用情報

業種:サービス・その他・IT/情報通信

  • 中途のみ
  • 正社員
  • アルバイト・パート

先輩社員からのメッセージ

写真:澤田 愛里沙

澤田 愛里沙 さん

FHR部北エリア局就労支援企画グループ
発達障害 (自閉症スペクトラム、 ADHD) 



2018年入社。FHR部北エリア局就労支援グループ所属。
趣味は旅行、ジャニーズを応援すること。
休日は留学生のツイッターなどを利用しながら英語の勉強中。
海外旅行に行く目標があるので、楽しく英語を学んでいます。

入社を決めたポイント
学生時代から単発のアルバイトを続けていましたが、障がい者手帳を取ったタイミングで長期で安定して就労したい気持ちがでました。また今までの仕事が接客のアルバイトだったので、他の職種の経験を積みたい気持ちもありました。
その中でベルシステムに入社を決めたのは、未経験で事務の仕事ができたことと面接官の方がとても話しやすくフレンドリーで、緊張せず自分のことが話せたからです。入社後も職場に対するフレンドリーな印象は変わりません。
現在の仕事内容

写真:現在の仕事内容

入館証全般の仕事をしています。入社時の発行手続き、在籍時の権限変更、退職時の権限削除を行います。担当規模は札幌全域なので、毎月膨大な数をチームのメンバーで分担して担当しています。
また、取引先の申請と取引内容の申請も行っています。最初は難しさを感じていましたが、今では内容を理解して楽しく作業をしています。最近は自分で1日の目標を決め、それが達成できた時に充実感と自分自身の成長を感じられます。
働きやすいと感じる点
フレンドリーな雰囲気と自分のペースで仕事をすすめられたり休憩がとれることです。以前は全員で同じ時間に休憩をとっていたのですが、仕事がのってきていたり、途中でやめたくないタイミングの時もありました。今は自分のタイミングで休憩にいけるので、気を遣わずにいられます。
また、何かあった時になんでも相談できる管理者がいるので安心して仕事に取り組めています。
就職活動中の皆様へ
まず働くうえで自分が求めることを整理しておきます。私の場合は職場の雰囲気や、今までにない職種の経験ができる事が挙げられました。面接時に自分が求める情報を進んで収集しました。私の場合は面接官のフレンドリーで話しやすさ、入社してからもその雰囲気に違いがありませんでした。                  また仕事をする上で、よりよいパフォーマンスを発揮するための環境を自分で作る努力をすることが大切だと思います。

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す

IT/情報通信
情報通信業界は、情報の伝送を担う通信業、情報の利用を可能にする情報処理業、情報の流通を行うインターネットサービス業に分類。通信業は通信基盤を整備して固定通信、移動体通信、ケーブルテレビなどの通信サービスを行う。情報処理業はソフトウエアの開発や情報システムの構築、データ解析等、情報の入手から加工、活用のシステムを作り出す。インターネットサービス業は、情報の双方向性や多様なデバイスなどのインターネット通信の特徴を活かし、音楽、動画から生活、ビジネス情報まで様々なデジタルコンテンツを提供している。

サービス
サービス業とは“形のない財”を提供するビジネス。その商材は、外食業のように飲食物というモノに付随して提供されるサービスもあれば、ホテルのように施設の利用に伴うサービス、高齢者サービスでは人の行為そのものであるし、コンサルは情報や専門知識と多種多様。共通するのは、対価を支払う価値を創造しているという点だ。
人の行為が商材のサービス業は、労働力依存度が高く労働集約型と言われてきた。しかし、近年はITによる省力化が進みもはや労働集約型とは言えない業態も出現し、サービス業全体が大きな変化の中にある。


株式会社ベルシステム24の先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
株式会社ベルシステム24をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ