先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  メーカー関連の求人  >  株式会社資生堂  >  株式会社資生堂の先輩情報

【大山 美子さん:先輩社員からのメッセージ】株式会社資生堂の障害者求人・採用情報

業種:メーカー

  • 新卒・中途
  • 正社員

先輩社員からのメッセージ

写真:大山 美子
書類の裏にある、担当者の熱い想いを伝えたい

大山 美子 さん

グローバル薬務部
体幹機能障がい

人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻卒業。2016年入社。

資生堂を志望したきっかけ〜幅広い領域の仕事に関われることが魅力〜

写真:資生堂を志望したきっかけ〜幅広い領域の仕事に関われることが魅力〜
ミーティング風景

私はもともと、製薬メーカーの研究職を目指していました。でも、大学院に入学して病院で肺がんの診断の研究をしていたときに、同研究チームの内科の先生に「幅広い視野を持つことの大切さ」を気づかせていただいたことで、治療だけではなくケアの領域にも興味を持つようになりました。就職活動では医療機器や医薬品のメーカーなども検討したのですが、なるべく幅広い領域の仕事ができるという視点から、化粧品から健康食品、医薬品まで扱っている資生堂を選びました。
現在の仕事内容と心がけていること〜人との関係を大切に、商品発売に必須の書類を作成・折衝〜

写真:現在の仕事内容と心がけていること〜人との関係を大切に、商品発売に必須の書類を作成・折衝〜
デスクでの仕事風景

私が現在担当しているのは、医薬品や医薬部外品、化粧品を日本で発売する許可をもらうための届出・申請書作成や厚生労働省(以下当局)との折衝と、製品情報を他社にどこまで開示するかについて当局担当者と折衝する業務です。この業務は、人との関係がとても重要な仕事です。研究所の研究員と当局担当者は、そのままだと通じない専門用語を一般的な言葉に置き換えて誤解なくスムーズに伝わるようにするのも、私たちの役目です。また、ルールはもちろん守るべきものですが、論理的に自社の想いを伝えれば、主張が通ることもあります。そこに、この仕事の面白さを感じます。また、私たちの部署では、若手社員が勉強を兼ねて社内セミナーの講師を担当しています。商品の開発から発売までの薬事との関わりや商品開発上の注意点などの内容ですが、誰にでもわかりやすく伝えなければなりません。そのために、できるだけ専門用語は使わず、思わず聞きたくなるような可愛いスライドをつくるなど、私なりに工夫をしています。準備は大変ですが、セミナー後に分かりやすかったと声をかけてもらえたり、アンケートで熱い想いを書いてもらえたり、やって良かったと感じます。
職場環境とバリアフリー〜設備も周りの人との関係もバリアフリー〜

写真:職場環境とバリアフリー〜設備も周りの人との関係もバリアフリー〜
グループメンバーと一緒に

社内のバリアフリーはかなり整備されていて、車いすで行けないところはないくらいだと思います。ただ、私の仕事は多くの本や資料を扱います。床から天井まで本が詰まった書庫などでは、私は高いところの本が取れません。そういうときは、周りの方に声をかけてサポートしてもらっています。誰にでも気軽に声をかけられる雰囲気があるので、とても助けられています。こちらも変に遠慮したり「察してほしい」などと思わず、はっきりと希望を伝えるほうが、お互いに楽でスムーズだということがわかりました。
就職活動中の皆様へ
私もそうでしたが、特に理系の人の場合は、大学院で学んだ専門分野を生かせる仕事に就きたい、と考える方が多いと思います。でも、大学院で学ぶのは数年。それに対して、働く期間は30年以上あります。例えば資生堂には、長く同じ部署で働いていて何でも知っている“生き字引”のような方もいれば、さまざまな経験を重ねて幅広い視野からアドバイスをくれる方もいます。そういう方々から仕事の中で学ぶことは、非常に多いです。学生時代の専門分野にこだわりすぎて視野を狭くしてしまうのは、逆にもったいない場合があると思うのです。
学生時代は、つい同期とばかり固まりがちですが、ときには先輩とランチに行って話を聞くだけでも、視野は広がると思います。自分一人だけで考えられることには限りがありますので、ぜひ、いろいろな人と出会って視野を広げていってください

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

雇用実績から探す

メーカー
製造業は「原材料を加工して製品を作り卸売する事業」と定義される。定義によれば、農林水産業や建設業、エネルギー業は製造業ではなく、自社で生産して消費者に販売する“製造小売”も製造業ではない。袋詰めカット野菜の製造は製造業でも半割大根の販売は卸売業である。製造業のビジネスの基本はBtoB。それゆえに製造業の企業には認知度が低い場合も多々ある。だが、世界でトップシェアを勝ち取る企業が多いのも日本の製造業の特徴だ。
現在、世界のモノづくりは“Industry4.0”の転換期にある。IoTやAIがもたらす産業構造の大転換が進行しつつある中、日本の製造業が生き残り、世界で確たる地位を保持できるかどうか、業界はその正念場にある。


株式会社資生堂の先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
株式会社資生堂をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ