先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  IT/情報通信関連の求人サービス関連の求人  >  株式会社LITALICO  >  株式会社LITALICOの先輩情報

【門脇 美穂さん:先輩社員からのメッセージ】株式会社LITALICOの障害者求人・採用情報

業種:サービス・その他・IT/情報通信

  • 中途のみ
  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト・パート

先輩社員からのメッセージ

写真:門脇 美穂
色んな人が、自分の想いを行動に起こせるきっかけを作っていきたい。

門脇 美穂 さん

事業本部LITALICOワークス事業部事業推進統括グループ地域開発グループ
聴覚障害

2016年入社。LITALICOワークス事業部企業アライアンスグループにて、LITALICOワークスに通所される利用者の就職をサポート。その後、地域開発グループに異動。現在は各LITALICOワークスの拠点と共に、障害のある方が集まり、悩みを話せる当事者コミュニティの運営を行っている。

LITALICOで働く人の想いと熱意に惹かれた
LITALICOとの出会いは、ベンチャー系企業が開催するイベントへの参加でした。その時LITALICOのブースにいた社員の方の気持ちが熱くて、すごく印象に残りました。その後、就職活動中に自分が何がしたいのか改めて考える中で、色んな人の想いを行動に変えるきっかけを作っていきたいと思いました。そこでLITALICOも当てはまるかなと想い、改めて会社説明会に参加しました。

面接の中では、私から面接官の社員の方へなぜLITALICOで働くのかと質問もしてみました。みなさん熱意を持って仕事をしているのが伝わってきましたし、また、私がやってみたいといったことに対して、一緒に考えたり、いいねと肯定してくれたのが印象に残っています。障害があるから難しいね、ではなく、可能性に目を向けてくれていると感じました。
自分が障害を持っていることではなく、困難を感じることが障害
LITALICOで「障害は社会の側にある」という考え方を知りました。LITALICOワークスが障害のある方を支援する中で大切にしている姿勢など、研修でも教わったことで、自分の障害に対する考え方も変わっていきました。
障害があるからできない、ではなく、何を障害(≒困難)として感じているのか。これを取り除くためにはどうやったらできるのか?という考え方です。
例えば、「視力が悪く、見えにくい」ことが障害なら、今は当たり前のようにメガネやコンタクトで見えやすくなり、障害はなくなる。
聴覚障害であれば「コミュニケーションが難しい」ことが障害であるとすると、手話や筆談であればコミュニケーションが取りやすくなり、障害でなくなる。

一人ひとりがどうしたら出来るのかを世の中に積極的に発信できるようになると、障害(困難)を取り除くことができ、仕事も生活もしやすくなります。そのためには「どうしたらできるのか」を自分で試して、自分を理解することがまず必要だなと改めて思います。
今後より多くの方にとって「働きやすく」「次の一歩」につながるよう、例えば障害のある方の働く上での工夫などを情報発信をしてみたいです。
自分から積極的な姿勢は大事だと思う
私の場合「電話」「多人数でのコミュニケーション」において、困る傾向があります。
そこで、工夫していることは2つです。

1つ目は、電話での業務ができない分、メールでの業務は率先して自分からやりますと発信し、双方助け合えることを意識しています。

2つ目は、多人数でのコミュニケーションは特に会議が多いです。聞き取れなかったことはプライベートであれば問題ないかもしれませんが、仕事ではそうは行きません。会議でスムーズに情報をキャッチアップできるように、出来る限り、ファシリテーションは自ら進んで行い、会議の最後に誰が何をやるのかを明確にしています。ファシリテーターをやる理由は、アジェンダや会議の目的など自分で考えないと進まないので、会議の前に何を話すか、目的は何かを考えた上で会議を設定することで、会議の流れについて予測できるからです。
会議の最後に誰が何をやるのかを確認する時間も積極的にとっています。そうすることで、実は自分だけではなく、他の方も確認ができ、全員の認識が統一できるというメリットもあります。

どちらの場合でも、自分から積極的にやる姿勢は大事だと思い、行動しています。
就職活動中の皆様へ
仕事をする上で、自分が大切にしたいものやモチベーションとなるものは何か、何が自分のやりがいとなるかを考え、自己理解を深めることが大切だと思います。これがわかるようになると、そのためにはどうしたら良いのかを考えやすくなりますし、会社を選ぶ際での基準にもなります。就職することがゴールではなく始まりであり、働くことは人生の一部でもあります。面接の際で会社で働くことでこれらが実現することができるものか、またお互い協力して働くことでメリットがあるのか、面接官の方にとっても自分がどんな価値観を持った人なのか、一緒に働くことのイメージがつきやすくなることにもつながると思います。


また、熱意も大切だと思います。情熱が伝われば、障害の有無に関係なく、人としての魅力が伝わると思います。
たくさんの会社がありますが、ぜひ自分に合う環境を見つけてください!

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す

IT/情報通信
情報通信業界は、情報の伝送を担う通信業、情報の利用を可能にする情報処理業、情報の流通を行うインターネットサービス業に分類。通信業は通信基盤を整備して固定通信、移動体通信、ケーブルテレビなどの通信サービスを行う。情報処理業はソフトウエアの開発や情報システムの構築、データ解析等、情報の入手から加工、活用のシステムを作り出す。インターネットサービス業は、情報の双方向性や多様なデバイスなどのインターネット通信の特徴を活かし、音楽、動画から生活、ビジネス情報まで様々なデジタルコンテンツを提供している。

サービス
サービス業とは“形のない財”を提供するビジネス。その商材は、外食業のように飲食物というモノに付随して提供されるサービスもあれば、ホテルのように施設の利用に伴うサービス、高齢者サービスでは人の行為そのものであるし、コンサルは情報や専門知識と多種多様。共通するのは、対価を支払う価値を創造しているという点だ。
人の行為が商材のサービス業は、労働力依存度が高く労働集約型と言われてきた。しかし、近年はITによる省力化が進みもはや労働集約型とは言えない業態も出現し、サービス業全体が大きな変化の中にある。


株式会社LITALICOの先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
株式会社LITALICOをはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ