会社情報本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  出版・マスコミ関連・広告関連の求人  >  株式会社KADOKAWA

株式会社KADOKAWAの障害者求人・採用情報

業種:出版・マスコミ関連・広告

  • 新卒のみ
  • 正社員

PRメッセージ

「新しい物語をつくろう。」KADOKAWAの新しい物語づくりと進化は続いています。
写真:株式会社KADOKAWA

「新しい物語をつくろう。」KADOKAWAの新しい物語づくりと進化は続いています。

『君の名は。』のノベライズや『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などの文芸作品、映画『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』『氷菓』など多様なコンテンツを、あらゆるメディアで創造している強みに加え、自ら電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」を立ち上げるなど、プラットフォーム事業も意欲的に展開しています。これらを基盤に「コンテンツをベースとしたプラットフォーマー」、そして日本市場に留まらず世界に展開する「グローバルエンターテインメント企業」を目指しています!

人事担当者からのメッセージ
人事部  新卒採用担当

”好きすぎる”は、才能。

あなたのその溢れ出している“コンテンツ愛”を、〈新しい物語〉としてカタチにしていきませんか。
“あなたのアイデアが触媒となり、あの著名クリエイターと、全く別ジャンルのヒット作品が化学反応を起こす”。
“あなたが発掘しプロデュースした新人作家が世界的名作を創造する”。
“あなたの企画力と突破力が起爆剤になり、世界数十億人の人たちに愛されるコンテンツが生まれる”。

そんな未来が来ることを楽しみにしています。

会社情報

事業・戦略
事業・戦略
「新しい物語をつくろう。」KADOKAWAの新しい物語づくりと進化は続いています。

映画、アニメ、イベント、ゲーム、電子書籍とマルチメディアで世界に展開できる ストーリーコンテンツを見つけだし、新たなジャンルを切り拓いていきます。 新生KADOKAWAは、日本の出版社に留まることなく、 グローバル市場を見据えた メガコンテンツ・パブリッシャー、 さらには出版業界の電子書籍、映画業界、アニメなどの 業界インフラを構築する、世界で類を見ない デジタルコンテンツプラットフォーマーを標榜。 新たなサービスへの挑戦と事業構造改革を進め、 持続的な成長を目指していきます!

企業データ 企業データ

事業内容 ■出版事業
■映像アニメ事業
■ゲーム事業
■音楽事業
■ライセンス事業
■イベント事業
■海外事業
■情報・デジタルコンテンツ配信事業 他
経営理念 HINC OMNE PRINCIPIVM
(ヒンク・オムニ・プリンチピウム)

全てがここから始まる

創立50周年の節目の年に完成した現在のふたつの本社ビルそれぞれの外壁に刻まれたラテン語。現会長の角川歴彦が創業者である父・源義社長の出版人としての事業精神を想い起草した言葉です。
その後、創立60周年を機に角川グループの基本理念をまとめた「角川憲章」が制定されましたが、その中でも「全てがここから始まる」の言葉は継承され、現在もグループ全体で共有されています。
創業 昭和20年11月10日
設立 昭和29年4月2日
資本金 292億1,000万円
売上高 1,122億3,100万円(2017年3月)
上場 未上場
従業員 1,458名(2018年3月・正社員のみ)
代表者 代表取締役社長 松原眞樹
沿革 1945〜1975年
■文芸出版社の時代
戦後日本の再出発とともに、出版による日本文化の再建を志して出版社を興す。国史・国文を中心とする清新な出版活動は、人々の文化的渇望に応え、広範な共感と支持を得て、文芸出版社としての基礎を確立する。

1976〜1981年
■文庫と映画のメディアミックスの時代
映画分野に参入し、角川文庫と角川映画の連動が成功を収める。爆発的なヒット作品を生み、経営基盤を飛躍的に拡大するとともに、映画事業を角川書店のひとつの大きな柱とする契機ともなった。

1982〜1993年
■雑誌の時代
「週刊ザテレビジョン」の創刊以降、各種メディア対応の情報誌を立て続けに世に送り出し、都市情報誌「東京ウォーカー」を誕生させる。その成功によって、“情報誌の角川”と呼ばれるまでになる。

1994〜2002年
■メガコンテンツ・プロバイダーへの道
“メガソフトウェア・パブリッシャー”を標榜し、経営基盤の強化に取り組みつつ、コンテンツのマルチメディア展開に向かって進み出す。さらにIT事業にも積極的に乗り出し、“メガコンテンツ・プロバイダー”としての大いなる企業統合を現出する。

2003〜2012年
■総合メディア企業へ
それぞれの事業をさらにブロードバンド時代に合った業態に変え、グループ全体を「出版と映像の総合メディア企業」から出版と映像、そしてネットブロードバンド事業という3本立ての事業形態へシフト。経営の軸は「集中と選択」から「選択ある拡大」へと転換。

2013年〜
■デジタル・ネット時代にトランスフォーメーション
2013年10月1日、新生KADOKAWAがスタート。比類なきメガコンテンツ・パブリッシャー、およびデジタルコンテンツ・プラットフォーマーとして、自由でダイナミックなIPの創造やネット・デジタル、グローバル市場への進出に挑戦。
■ネットとデジタルの融合
新生KADOKAWA誕生からちょうど1年後の2014年10月1日、株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴが経営統合し、株式会社KADOKAWA・DWANGOが誕生。
■さらなる経営統合の加速
株式会社KADOKAWA・DWANGOが2015年10月1日をもって
カドカワ株式会社に社名変更。
事業所 本社:東京
関連企業 ◆主な連結子会社
(株)角川ゲームス
(株)角川大映スタジオ
(株)汐文社
(株)フロム・ソフトウェア
グロービジョン(株)
(株)角川アスキー総合研究所
(株)角川メディアハウス
(株)ムービーウォーカー
(株)角川アップリンク
(株)キャラアニ
(株)ブックウォーカー
(株)ブックナビ
(株)ビルディング・ブックセンター
(株)エイティーエックス
KADOKAWA Contents Academy(株)
台灣角川
角川集団美国(香港)有限公司
香港角川有限公司
KADOKAWA GEMPAK STARZ SDN.BHD.
YEN PRESS

◆持分法適用関連会社
日本映画衛星放送(株)
(株)キッズネット
(株)ドコモ・アニメストア
新華角川影業(香港)集團有限公司
(株)日本電子図書館サービス
主要株主 カドカワ(株)
本社所在地 〒102-8177
東京都 千代田区富士見2−13−3
この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

雇用実績から探す

出版・マスコミ関連・広告


株式会社KADOKAWAの会社情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
株式会社KADOKAWAをはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ