Q&A本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  メーカー関連の求人  >  パナソニック株式会社  >  パナソニック株式会社のQ&A

【Q&A】パナソニック株式会社の障害者求人・採用情報

業種:メーカー

  • 新卒のみ
  • 正社員

Q&A

パナソニックの障がい者採用について パナソニックの障がい者採用について

質問:障がい者枠での採用はありますか。障がいによって応募の区別や選考基準に違いはありますか。
回答:

当社では、現在特別な枠を設けての障がいのある方の募集・採用は致しておりません。
障がいのある方も通常の新卒の方あるいはキャリアの方と同じ基準、方法で応募をお願い致しております。ただし、障がいのある方には配慮して選考時の対応を行っています。

質問: 現在どのような障がいを持った社員の方が働いていますか。
回答:

パナソニック(株)では約850名の障がいをお持ちの社員の皆さまが働かれており、様々な職場で活躍されています。
障がいの内訳では聴覚、心臓、下肢、上肢の順の比率で、身体障がいの方が9割以上と高くなっております。知的、精神の障がいを持った社員の方も働かれておられます。

質問:障がいによって、業務や処遇が変わるのでしょうか。
回答:

採用面談以降、ご本人の希望や障がい内容を伺った上で、適性も含め総合的に判断して職場や業務内容を判断します。処遇については障がいの有無での区別はありませんが、サポートの必要な場合は設備の変更など出来る限りの対応を行っています。
社員になった後は、毎年上司と直接話し合い、自分の仕事内容やチャレンジ目標を決めているので、その時に障がいへの対応要望を上司経由で、会社に伝える仕組みもあります。

質問:応募の方法はどうすれば良いでしょうか。
回答:

当社ホームページから受け付けております。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/jobs/tayousei.html
障がいをお持ちの場合は障がい者手帳の有無を伺う項目がありますので、ご記入ください。

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

同じ業界の他の求人企業もチェックする


希望勤務地から探す

希望業種から探す

希望職種から探す

雇用実績から探す

メーカー
製造業は「原材料を加工して製品を作り卸売する事業」と定義される。定義によれば、農林水産業や建設業、エネルギー業は製造業ではなく、自社で生産して消費者に販売する“製造小売”も製造業ではない。袋詰めカット野菜の製造は製造業でも半割大根の販売は卸売業である。製造業のビジネスの基本はBtoB。それゆえに製造業の企業には認知度が低い場合も多々ある。だが、世界でトップシェアを勝ち取る企業が多いのも日本の製造業の特徴だ。
現在、世界のモノづくりは“Industry4.0”の転換期にある。IoTやAIがもたらす産業構造の大転換が進行しつつある中、日本の製造業が生き残り、世界で確たる地位を保持できるかどうか、業界はその正念場にある。


パナソニック株式会社のQ&A情報です。


障がい者の採用・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
パナソニック株式会社をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ