障害者の求人・雇用・採用のクローバーナビTOP > 先輩が語る仕事と本音VOICE > 先輩VOICE(後藤 真由美さん)

現在就活中の学生のみなさんへのメッセージ 先輩VOICE

後藤 真由美さん

お客様の笑顔と感謝の言葉が、一番のやりがいです。

後藤 真由美さん

大和証券 高松支店 クライアントサポート課 課長代理 2008年入社
障がい内容:下肢障がい

高校2年生の時に骨肉腫を患う。卒業後、将来の就職を念頭に医療福祉学部に進学するも、商業高校出身だったことから就職活動では金融業界にも視点を向け、大和証券から内定を得て入社。趣味はミステリー小説などの読書、友人とのカフェめぐり、国内・海外旅行。

就職活動について、また貴社に就職を決めた理由について教えてください。

障がい者対象の就職情報サイトで、大和証券の「新しいことにチャレンジしたい方、ぜひご応募ください」というメッセージを見て興味をもったことが、応募のきっかけでした。当初は金融業界にやや厳しいイメージをもっていましたが、人事担当の方の親身な対応と人柄に強く惹かれて入社を決めました。

ページの先頭へ

現在のお仕事はいかがですか?

株式・債券・投資信託などの金融商品と各種サービスを、お客様に対して店頭及び電話でご案内する仕事を担当しています。お客様が何を求めているのか、ニーズに合ったご提案を常に心がけています。その結果「取引して良かった!」と喜んで笑顔を見せていただいた時に、この仕事の一番のやりがいを実感できます。

ページの先頭へ

今後や将来について聞かせてください。

お客様にさらに魅力的な提案ができるように、新たな商品やサービスの知識の吸収に励み、またCFP(ファイナンシャルプランナー上級資格)の取得をめざして勉強中です。通院のため年に6日間有給休暇をいただいていますが、障がいをもつ社員に理解と配慮があり、休みも取りやすい環境です。今後も、制度を活用しつつ会社に貢献しながら、長く働いていきたいと思っています。

ページの先頭へ

学生の皆さんへのメッセージ

幅広い視点で就職活動に臨み、自分に合った会社を見つけてください。

幅広い視点をもって業界や会社を研究してみてください。私もそのように取り組んだ結果、理想の会社に出会うことができました。そして、自分の障がいのことは事前に会社に伝えることが大切です。ぜひ積極的にチャレンジして、自分に合った会社を見つけてください。

Close UP Company

大和証券
設立 1999年4月
資本金 1,000億円(2017年3月末時点)
代表者 代表取締役社長 中田 誠司
売上高 営業収益/3,349億円(2017年3月末)
従業員数 8,785名(2017年3月末)

ページの先頭へ