先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用・転職のクローバーナビTOP  >  サービス関連の求人  >  セントラルスポーツ株式会社  >  セントラルスポーツ株式会社の先輩情報

セントラルスポーツ株式会社

業種:サービス

  • 新卒・中途
  • 正社員
  • 契約社員

先輩社員からのメッセージ

柏倉 優美 さん

人事部
身体障がい(右半身不随)

2015年入社。大学時代は人間環境学科の社会福祉コースを専攻。 大学4年次に学生最後の講義として、興味があった生涯スポーツ論と障害者スポーツ論を受講。そこで、障害者スポーツの楽しみ方を知り、セントラルスポーツに入社。 特技は、小学生の頃から約8年間通っていた水泳。趣味は、ファッション、インテリア、最近では大勢でイベントを開くことなど、とても充実した休日を過ごしています。

セントラルスポーツに入社しようと思った理由
私がセントラルスポーツに入社した理由は、大学の講義で障害者スポーツ論を受講したことが一番のきっかけでした。大学で卒業論文のテーマを「障害者とスポーツ」で書くことを決め、教授にその話をしたところ、知り合いにパラリンピックの選手がいるということを教えてくださり、お会いできるチャンスをいただきました。その選手がセントラルスポーツに所属していたスキーの選手です。
いろいろ話を聞いていくことで、障害者スポーツの楽しさやおもしろさを感じ始め、私も障害者スポーツを多くの方に伝えていきたいと思うようになりました。
もう一つ受講していた生涯スポーツ論の教授には多摩障害者スポーツセンターを教えていただき、そこでは車いすバスケットボールに参加させていただきました。
やってみると、すぐに仲間ができ、試合に夢中になり、自分の障害のことも忘れられる、とても充実した時間を過ごすことができました。
その体験でスポーツの楽しみ方や、何事にも諦めずに挑戦し続けること、チームワークの大切さなど、いろいろなことを知りました。
私は今までたくさんの人と出会い、セントラルスポーツを紹介していただき、当社に入社することができました。
現在の仕事内容について
私は、人事部に所属しており、主に障害者採用を担当しております。データ管理や書類作成、採用ホームページの企画に携わっております。入社を希望される方々との1つ1つの出会いを大切にし、入社までのお手伝いをしております。
これからの夢や目標について
私は大学時代に障害者スポーツ論の講義の中で、ハインツ・フライ選手の名言である「障害のない人はスポーツをした方がよいが、障害のある人は、身体を使う運動スポーツをしなければならない。」という言葉を知り、大変共感しました。彼の理念を受け継ぎたく、いつか「障害をプラスと考えるクラス」を作りたいという夢があります。
それぞれの方の障害に合ったスポーツへの取り組みをサポートすることを目標とし、人と人とのつながりを大切にしていきたいと思っております。
また、スポーツだけでなく、仲間を作ることや話しやすい雰囲気、ソーシャルワーカーとの連携で普段の生活で困ったことにも相談できるクラスにしたいと考えています。そして、ゆくゆくは日本全国に普及できればと思っております。
就職活動中の皆様へ
障害を持っているからと言って、決して自分に限界を作らないでください。どうしたらうまくいくかをまず考え、業種・職種といろいろな企業にチャレンジしてみてください。また、障害と出遭ったからこそ今の自分ができることを探してみてください。
そして、就職活動中だけでなく、常に人との出会いを大切に、就職活動を楽しんでいただきたいと思います。

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

希望勤務地から探す

希望業種から探す

雇用実績から探す

セントラルスポーツ株式会社の先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の就職・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
セントラルスポーツ株式会社をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ