先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用のクローバーナビTOP  >  メーカー関連の求人  >  協和発酵キリン株式会社

先輩社員からのメッセージ

写真:伊藤 祐弥
患者さんの力になれる仕事に就きたい。

伊藤 祐弥 さん

経営監査部
視覚障がい

2012年入社。大学では応用バイオ科を専攻し、研究推進部に配属。法務・知的財産部を経て、現在に至る。 趣味は読書とダーツ。

採用面接では、自分としっかり向き合っていただきました。
私は高校3年生の時に交通事故に遭い、障がいを抱えました。その入院生活はとても苦しく辛い経験でしたが、同じように障がいを抱えている人、病気で日々苦しんでいる人達も多く見てきました。特に薬の副作用に苦しんでいる患者さんを見て、いつかはそんな患者さんの力になれる仕事に就きたいと考えるようになりました。
協和発酵キリンの採用試験にチャレンジしたのは、副作用の少ない抗体医薬の研究開発に取り組んでいる会社だったからです。面接の際には、勉学のことよりも私自身についての質問が多いことに驚きました。最初は自分に障がいがあるからだと思っていましたが、話をしていく中で私の意欲や人柄も考えてくれていることがわかり、この会社ならば、という思いが強くなって入社を決めました。
監査業務を支えています。

写真:監査業務を支えています。

2015年10月に経営監査部に異動となり、部内の庶務業務全般を担当しています。
庶務業務といっても、監査日程の管理や資料の整備、各種会議体の案内など、重要な仕事がたくさんあります。
特に監査関係資料の整備では、スケジュール調整のメール発信を始め、種々の事前準備や監査実施報告、フォローアップまでに至る各種資料を時系列でフォルダへ格納して整理します。整理の際には、リストや報告書の作成、PDFでの編集作業等も発生します。
これまで、経営監査部には、庶務業務専門の担当者がいなかったため、部員が分担して行っていたそうです。庶務業務を私が一括して担当することによって、他の部員の業務負担軽減につながり、より監査業務に注力できるようになると思うとやりがいがあります。
今後も、庶務業務を通じて、さまざまな面で経営監査部の力になっていきたいと思います。
誰にでも相談しやすい、明るい職場です。
業務上で困ったことや相談したいことがあれば、部内の誰もが親切丁寧に対応してくれる職場です。特に庶務業務については、年の近い先輩部員に相談することが多いです。説明がとても丁寧でわかりやすく、また性格も明るくやさしい先輩です。私も将来はこの先輩のように、頼もしく、周囲に好かれる存在になりたいです。
今後は、自分の業務範囲をより広げ、監査業務をサポートしていきたいと思います。
就職活動中の皆様へ
決して自分の中であきらめないでください。障がいを抱えながらも活躍できるフィールドは沢山あります。その中にきっと、相性のいい、良縁につながる会社とやりがいのある仕事があるはずです。良き出会いを信じて、前向きに活動してほしいと思います。何か自分をアピールできるものが、ひとつあればいい。それを武器に、自分の未来を切り拓く果敢なチャレンジを続けてください。応援しています。

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

希望勤務地から探す

希望業種から探す

チェックポイントから探す

雇用実績から探す

職場環境から探す

協和発酵キリン株式会社の先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の就職・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
協和発酵キリン株式会社をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ