先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用のクローバーナビTOP  >  IT/情報通信関連の求人サービス関連の求人その他関連の求人  >  株式会社LITALICO  >  株式会社LITALICOの先輩情報

株式会社LITALICO

業種:サービス・その他・IT/情報通信

  • 新卒・中途
  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト・パート

先輩社員からのメッセージ

写真:昆野 祐太
単なる支援する側・される側の関係でなく、
一緒に世界を変えていく
共感者になっていくことが喜び。

昆野 祐太 さん

LITALICOワークス事業部 LITALICOワークス横浜戸塚 センター長
上肢障がい

2009年より2年間インターン生として、営業部門で提案資料の作成やホームページの運営を行い、2012年に新卒社員として入社。 就職を目指す障害のある方の支援を行うLITALICOワークスさいたま浦和にて支援員として従事し、LITALICOワークス相模大野のセンター長を経て、現在はLITALICOワークス横浜戸塚にてセンター長を務める。

主体的に変えていける。尊敬できる仲間がいる。

写真:主体的に変えていける。尊敬できる仲間がいる。

 大学2年生の時、ベンチャー企業のインターン説明会がLITALICOとの出会いでした。自分自身に身体障害があることから興味を持ち、大学を1年間休学してインターンに挑戦しました。LITALICOの社員と共に働く中で、次第に卒業後もこのままここで働き続けたいと思うようになり、入社に至りました。
 その理由は大きくニつあります。一つ目は、組織の役職や立場に関係なく思いと行動があれば会社を変えていける点です。ビジョンやコンセプトに基づいているかという会社の判断軸に合い、かつ根拠や経済性が伴っている内容であれば、社員の提案が採用され、周りが応援してくれます。自分のようなインターン生でも、提案しそれを実行する機会があり、成長できる点は非常に魅力的でした。ニつ目は、尊敬できる同僚が多くいる点です。どの社員も一芸に秀でていて、輝いています。その人達とビジョンや仕事に関する考え方をディスカッションすることで、多くのことを吸収できる、刺激的な職場だと思いました。
社会の仕組みづくりを地域と共に。

写真:社会の仕組みづくりを地域と共に。

 これまで就労支援に携わる中で、障害者手帳の取得に至らないグレーゾーンの方、家族の反対や生活の困窮によってサービスを受けられない方など、本当はサービスを必要としているのに制度や外部環境が原因で届けられていない方がいるという現状を目の当たりにし、社会全体の仕組みづくりの重要性を、改めて強く感じるようになりました。
 就労支援における地域連携の中では、自治体や医療機関、他の福祉機関の方と、地域福祉を拡充するための制度や施策について情報交換したり、より良い制度のあり方を協議したりする機会があります。そこでは、国や自治体の定めた制度に対して、現場の立場から改善点や新しい仕組みを提案しています。世界を変えることは、私たちだけでは実現できません。多くの方と共に目指す社会を描き、そのために何が必要かを考え、発信していくプロセスには、大きなやりがいを感じます。時には、就職された元利用者の方に協力いただくこともあり、単に支援する・されるという関係でなく、当事者の方々と一体となって、必要な社会の仕組みをデザインできることに働き甲斐を感じます。
より良いサービスで、障害のない社会を。

写真:より良いサービスで、障害のない社会を。

 地域連携のみならず、就労支援の現場においても、より質の高いサービスを、効率的に提供できる仕組みを整備していきたいと日々考えています。その中でも、特に今後やっていきたいのは、私たちが現在提供しているサービスの効果検証です。就労支援は、人が提供する形のないサービスであるため、どうしても支援者による属人性が強かったり、体系的な手法が整理されてなかったりする部分があると感じています。利用者の方にとって本当に役に立つと、根拠を持って言えるだけの支援を、最短のアクセスで届けられる仕組みを追求していきたいと考えています。一つひとつの事例検証を積み重ね、それを次の新しい事例につなげていくことが、一歩ずつ「障害のない社会をつくる」ことに繋がっていくのだと感じています。
就職活動中の皆様へ
障害があると、どうしても「できないこと」に注目しがちですが、就職活動を通して「できること」にも目を向けていただけると働くイメージが沸きやすくなります。病気や障害の特性上苦手なことを克服することはもちろん大切ですが、合理的配慮が今後浸透していくにあたって、企業や配属先にきちんと伝えることができれば、必要な配慮は受けることができます。そのため、配慮が必要な部分を減らしていくという作業よりも、強みとなる部分をどれだけ磨き上げていくかが、入社後の働き甲斐や働きやすさのポイントになってくると私は感じています。
 私は、自分自身や社会と向き合っていく中で、物事を前向きに捉えることが出来るようになりました。そのきっかけや経緯は、前向きに物事を捉え直すようにしていると、周囲の方が自分自身のことを応援やサポートをしてくれるようになったことが大きいです。私自身、サポートを受けることに抵抗があったのですが、それを前向き捉え、自分の強みを活かすことに努めればいいのだと考えています。
 もちろん、障害に対する社会での偏見や差別的な視線を感じたことはありました。ただ、自分の考えや気持ちを整理をしていく中で、それらの後ろ向きな気持ちの多くは、自分自身が過剰に意識することで作り出していたものだと、今は思えます。
 今後も、仕事や生活を通じて、できることに目を向けることでより前向きに物事を捉え、自分自身に更なる自信を持っていければと思います。一人ひとりの新しい一歩が、次の世代で障害を感じている人の可能性を拡げることになると考えていますので、ぜひ一緒により良い社会を作り、障害のない社会をつくっていきたいと思います。

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

希望勤務地から探す

希望業種から探す

雇用実績から探す

株式会社LITALICOの先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の就職・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
株式会社LITALICOをはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ