先輩社員からのメッセージ 本文へ

障害者の求人・採用のクローバーナビTOP  >  IT/情報通信関連の求人  >  ソフトバンク株式会社  >  ソフトバンク株式会社の先輩情報

ソフトバンク株式会社

業種:IT/情報通信

  • 新卒・中途
  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト・パート
  • その他

先輩社員からのメッセージ

写真:田代 寛明
チャレンジ精神あふれるフィールドで
のびのびと働いています!

田代 寛明 さん

営業第三統括 法人営業推進本部 業務推進統括部 業務管理部 管理業務課
聴覚障がい

2009年新卒入社。 北海道出身。 週に3回ジムに通い、水泳とジョギングを中心に体を鍛えています。夢はダイビングの免許を取得することです。 休日は、ショッピング、映画鑑賞、友人との飲み会などを通して充実した時間を過ごしています。 また、職場のフットサルチームの練習には積極的に参加し、所属部署だけでなく他部門の方とも交流し関係を広げ楽しく過ごしています。

ソフトバンクに入社を決めたきっかけは?
世の中のライフスタイルを変える事業に関わりたいと思ったことがきっかけです。電話ができない聴覚障がい者にとって、以前は遠隔地の方とのコミュニケーションはFAXや手紙が中心でした。しかし、携帯電話のメール機能によって簡単にコミュニケーションが取れるようになり生活が劇的に変わりました。自分が感じたこの喜びを、今度は伝える側になりたいと思いました。
また、ソフトバンクは、障がいがあっても健常者と同じフィールドで働ける環境が整っていることが大きな魅力の一つでした。
今の仕事の内容は?
ソフトバンクとワイモバイルの貸し出し用端末約5,000台の管理運用業務をしています。
営業の担当者がお客さまへサービスを提案する際に提案材料として一定期間端末を貸し出しする場合があります。毎日約100台以上の貸出、返却を管理しています。
お客さまに端末を貸し出す手続きをしている際には、この作業がいずれ実を結ぶことを期待し、ミスが起きないよう細心の注意を払いながら行っています。後日、営業の担当者から「契約できたよ」と笑顔で声を掛けられたときには「完璧にサポートができたんだ!」と達成感もひとしおです。
今後も、常に自分に求められるサポートは何かを常に考え、関係各署と連携を取りながら仲間を支援していくスペシャリストを目指したいと思っています。
職場でのコミュニケーションの方法は?
私は聴覚に障がいがありますので、電話応対ができません。そのため、課外の方とは、主にメールでやりとりをしています。
課内では口話(読唇術)でのコミュニケーションが中心です。口を見せてゆっくり話していただければ内容はだいたい理解できます。それでも理解できなかったときは、筆談を用いて積極的に情報を共有するようにしています。
また、メールで連絡が入ったら即座に返信することを心がけています。電話でコミュニケーションがとれない分、メールでの連絡を気軽にしてもらえるようにするためです。こうした些細なこだわりが、同僚たちとの信頼関係を築くことにつながると考えています。
就職活動中の皆様へ
障がいがあると、不安やコンプレックスを感じてしまう時があるかもしれませんが、まずは自分とじっくり向き合ってみてください。自分で自分の可能性を狭めず、自分はこれまでどのようなことをしてきたのか、自分は何が出来るのか、何がやりたいのかじっくりと考えてください。そうすることで、自分の強みに気付き、可能性が広がり、やりたい仕事が見えてくるはずです。
応援しています!

先輩社員からのメッセージ一覧へ戻る

この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業もブックマークしています。

希望勤務地から探す

希望業種から探す

雇用実績から探す

ソフトバンク株式会社の先輩社員からのメッセージ情報です。


障がい者の就職・転職支援のクローバーナビなら、
充実した障害者就職支援、仕事情報をご提供いたします。
応募者の障害に応じた求人検索や、アルバイトから正社員まで充実した求人情報を掲載中!
ソフトバンク株式会社をはじめ、人気企業の求人情報を探すならクローバーナビをどうぞ。


このページのトップへ